HOME>注目記事>川崎における産婦人科探しに参考になる情報をチェックしよう

産科と産婦人科の違いについて

産科は出産のための検査や治療を行う診療科であり、産婦人科は産科に加え女性特有の病気を診る婦人科があります。

川崎にある産婦人科の選び方

歩いて通える立地にある

個人病院な通いやすい立地がおすすめです。

個室を利用できて快適である

清潔に使えるテレビやシャワーが便利です。

医者や看護師が親身である

雰囲気がよく優しく親身なスタッフで安心できます。

ご飯がおいしく豪華であること

個人病院ならではのサービスが嬉しく利用できる。

設備が充実していること

医師が多く専門の機器が充実していると安心です。

入室を禁止する

医者

川崎の産婦人科を訪れるということは、妊娠の可能性であるか、性病や不妊治療についての相談をしたいから、ということが多いでしょう。しかし、気をつけることは男性は入室禁止というケースが少なくない点です。もちろん、出産をして入院生活をするのならば、旦那さんは看病に訪れることが許可されています。しかし、身内であっても許可が下りないことも少なくありません。というのは、新生児ですから、免疫がついておらず、感染症などにかかりやすいからです。赤ちゃんと対面できる人を限定することは念頭に入れておき、お見舞いに訪れたい者はなるべくならば、退院してからにしましょう。同じく、不妊治療においては、男性のみならず、小さなお子さんの入室を禁止するケースがあります。

負担にならないところ

医者と看護師

川崎の産婦人科選びでは、妊婦にとって負担にならないバリアフリー化した病院選びをしましょう。地域に根付いている産婆さん、昔ながらの施設ではバリアフリー化されていません。入院生活になっても、エレベーターがなく階段のみという場合もありますし、自然分娩しか行えないケースもあります。

広告募集中